EC-CUBE4で、プラグインを使わずに処理をフックさせる方法

EC-CUBE4では、プラグインを使うことなく
フックポイントに処理をかませることができます。

これはEC-CUBE4のベースシステムであるSymfonyの機能を使ったもので、
EventSubscriberInterfaceを任意のclassに実装して利用します。

方法は簡単で、Customize\EventListener 以下に
ファイルを突っ込むだけです。

ABOUTこの記事をかいた人

フリーランスとして働く、フルスタックエンジニア 初崎 匠のサイト。仕事のことから趣味のアニメーション制作、英語学習など、様々なことを通じて、少しでも多くの人が幸せになれるような価値を提供できるよう挑戦し続けます。