【EC-CUBE4系】Cronで定期実行するCommand処理を実装する

EC-CUBE4では、Cronで定期実行するための処理も
簡単に実装することができます。
ベースのフレームワークであるSymfonyのCommandクラスを
拡張する形で実現します。

今回は例として、筆者が仕事で取り組んでいる海外用のサイトで使用する、
為替レートを取得するプログラムを紹介したいと思います。

app/Customize以下にCommandディレクトリを作り、
SymfonyのCommandクラスを継承したクラスを作成します。

後はCronなどで、以下のコマンドを叩いてあげればOKです。

php bin/console eccube:customize:exchange-update

今回は極力シンプルな形のものを紹介しましたが、
src/Eccube/Command 以下にも色々と参考にできる処理がありますので、
見てみてください。

ABOUTこの記事をかいた人

フリーランスとして働く、フルスタックエンジニア 初崎 匠のサイト。仕事のことから趣味のアニメーション制作、英語学習など、様々なことを通じて、少しでも多くの人が幸せになれるような価値を提供できるよう挑戦し続けます。