英語が下手な人たちの雑談の場を作りました

Oshaberiという英語が下手な人たちの雑談の場を作りました。
https://oshaberi.info

一応、英語学習のためのサイトになっています。
学習といっても教科書や参考書を読んだり、先生とレッスンするようなものではありません。
そのようなカッチリした学習も大切だと思いますが、もっと気楽に学習できる場があっても良いのではないかというのが作りはじめたきっかけです。

英語ができないと、英語話者の前で緊張してしまったり、正しい文法が組み立てられず、恥ずかしさを感じたり、知らず知らずの内に相手を傷つけてしまうんじゃないかと心配してしまったりと、いろいろな心理的な障壁ができてしまって、学習に対して奥手になってしまう人もいると思います。

そこで、英語が下手でも参加者みんながそのことをおおらかな気持ちで受け入れ、楽しく日常会話を楽しめるような場を作ろうと思って作ったサイトです。
正しい文法は学べないかもしれませんが、伝えたいことを伝えるための練習ができる場になれば。

個人的には正しい文法の英語を書くことができなくても、下手なりにアウトプットすることには価値があって、何度も書いている内に、他の人の言い回しやフレーズを覚えるので、役に立つのではないかと思うのです。

私自身、英語を学びはじめて3年ほど経ちますが、仕事の片手間でやっているからか、まだまだ学ぶべきことがあるので、このサイトを通じて上達していければと考えています。

ちなみにサイトでの利用ルールは以下です。

  • サイトを利用する人は英語の初学者もいますが、優しい気持ちで接してあげましょう。
  • 文法の正しさよりも何を伝えたいのかを読み取りましょう。相手のことを理解するためにはその方が重要です。
  • トピックは誰でも投稿することができます。トピックへの参加も自由です。
  • 人格を否定するような行為はNGです。
  • 相手が望んでいる場合を除き、言語に関する間違いの指摘もNGです。
  • 画像や動画も投稿できます。画像はGoogleフォトの共有リンク、動画はYouTubeの共有リンクがそれぞれ使えます。 Googleアカウントでの利用を必須にしていますので、自身のアカウントを活用してご利用ください。
  • その他、要望や不具合は管理人までお知らせください。

利用にはGoogleアカウントを必須にしました。
トピックやそれに対するレスには画像や動画を貼り付けられれば良いかなと思ったのですが、これらは結構ハードディスクの容量を食うので、運用コストが上がってしまいます。
画像は利用者本人のGoogleフォトに上げてリンクを共有してもらって、動画はYouTubeのページにリンクすることでコストを上げずにいけるかなと考えています。

技術的にはバックエンドをFirebase、フロントエンドをVueで作っています。
ユーザ管理やデータベース処理がめちゃ簡単になります。

はじめはオープンでどんどん参加者を受け入れていって、人が集まってきた時点で運用コストや平和なコミュニティの維持のためにどうすべきかを考えたいです。

ABOUTこの記事をかいた人

フリーランスとして働く、フルスタックエンジニア 初崎 匠のサイト。仕事のことから趣味のアニメーション制作、英語学習など、様々なことを通じて、少しでも多くの人が幸せになれるような価値を提供できるよう挑戦し続けます。