迷子のペットを探すアプリにTwitterのログイン機能を実装しました

今日は作成中の迷子のペットを探すアプリに、
Twitterログインの機能を実装しました。
アプリ自体はiOSのswiftUIで作っていて、
firebaseのSNS認証を使いました。

firebaseにはログイン用のページも用意してくれる
便利なfirebaseUIというものがあるのですが、
これはUIKit用に作られていて、そのままだとswiftUIで使えず、
UIViewControllerRepresentableというクラスで
置き換えないといけないのですが、ここが少し苦労しました。

swiftUIはレイアウトをコードでシンプルに書けて
素晴らしいものだと思いますが、
まだネット上に情報が少なく苦労しました。
firebaseのマニュアルもまだswiftUIに対応していなかったりします。
今までのレイアウト方法で慣れている人は
急いで使わなくても良いかもですね。

ABOUTこの記事をかいた人

フリーランスとして働く、フルスタックエンジニア 初崎 匠のサイト。仕事のことから趣味のアニメーション制作、英語学習など、様々なことを通じて、少しでも多くの人が幸せになれるような価値を提供できるよう挑戦し続けます。