【迷子のペットを探すアプリ】データベースとの接続完了!

迷子のペットを探すアプリですが、
今日はデータベースとの接続をできるようにしました。
データベースはfirebaseのcloud firestoreを使いました。
firestoreはNoSQLデータベースです。
NoSQLはMySQLなどのRDBと比べて検索時に使うような
高度なクエリが苦手と言われていますが、
そこまでややこしい検索をしなければ
サービスの運用上は特に問題なく使えます。

しかしfirestoreの素晴らしいところは
何と言ってもセキュリティルールの設定です。
この設定を使うことで各データの読み書きを制限できるのです。
認証を通過したユーザだけがアクセスできるようにしたり、
フォームから送信されたデータに対して
バリデーションをかけたりすることもできます。

ただ、送られてきたデータを弾いたときに、
どこのデータが原因で弾いたのかがiOS側ではわからないため、
ユーザに明確なエラー箇所を伝えるのであれば、
iOS側でもバリデーションの仕組みを入れる必要があります。

ABOUTこの記事をかいた人

フリーランスとして働く、フルスタックエンジニア 初崎 匠のサイト。仕事のことから趣味のアニメーション制作、英語学習など、様々なことを通じて、少しでも多くの人が幸せになれるような価値を提供できるよう挑戦し続けます。