いかにして問題を解くか

そのタイトルの通り、問題をどのようにして解くか、
それを体系立てて紹介している書籍です。

私にとっては書籍を読むだけでは理解することが難しかったのですが、
ちょうど数学を勉強している最中で、数学を解くことにも使えることに気付きました。
それからは数学の問題を解くことをイメージしながら読み進めていると、
その内容がとても素晴らしいことに気付き、感動しました。

もちろん数学以外の身の回りの問題にも使える内容です。
少し難しい内容ですが、読んでおいて損はないと思えるような書籍でした。

ABOUTこの記事をかいた人

フリーランスとして働く、フルスタックエンジニア 初崎 匠のサイト。仕事のことから趣味のアニメーション制作、英語学習など、様々なことを通じて、少しでも多くの人が幸せになれるような価値を提供できるよう挑戦し続けます。