【Golang】gooseでstatusによる接続確認ができない

GolangのDBマイグレーションツール「goose」を使うときに、
statusオプションでDBとの接続確認を行いますが、
このオプションが効かない場合があります。
そのようなときは、dbconf.ymlを使おうとしているかを
確認してみてください。

dbconf.ymlはDBへの接続先情報を記載しておくファイルで、
gooseがDBに接続する際に利用されます。
このファイルをあなたが使う場合は、続けて以下のURLから
gooseをインストールしているかを確認してみてください。

https://github.com/pressly/goose

上記URLからインストールしている場合、
実はdbconf.ymlは利用できないのです。
このgooseは、別のgooseからforkしたツールになっており、
別の方法でDBの接続情報へアクセスしなければなりません。
そのため、dbconf.ymlを使いたい場合は、
そのfork元のgooseを入手しなければなりません。

https://bitbucket.org/liamstask/goose/

gooseに関するネット記事はbitbucket.orgのものを書いてあることが多く、
そのため、githubにあるgooseをインストールしつつも、
これらの記事を参考にしてしまうと、上手くいかない場合があります。

ABOUTこの記事をかいた人

フリーランスとして働く、フルスタックエンジニア 初崎 匠のサイト。仕事のことから趣味のアニメーション制作、英語学習など、様々なことを通じて、少しでも多くの人が幸せになれるような価値を提供できるよう挑戦し続けます。