ドタバタウォーズというサービスをはじめました

ちまたで流行っているノーコード系のbubble.ioというサービスを使って、
ドタバタウォーズというサービスを作ってみました。

https://dotabata-wars.com

ドタバタウォーズというのは、日常の雑務をこなすことで経験値が得られるサービスです。
例えば、皿洗いや庭掃除、日用品の買い物などを登録しておいて、それらをやったことを報告することで、経験値や報酬が得られるようなサービスです。
200XP(経験値)毎にレベルが上がるようになっており、こなしてきた雑務の傾向から、それぞれの職業にクラスチェンジすることができます。
力や体力の必要な庭掃除や買い物ばかりやっていると「ファイター」といった具合です。

これを友達や家族、同僚とパーティーを組んでやっていきます。
もちろん一人でも可能です。

★★★

今回のサービスは、一般的にはあまり価値があるものとして見られていない雑務・雑用に焦点を当てた一種のゲームです。
皿洗いしかしていないように見える人でも、実際は週に2〜3時間を費やしているかもしれません。
何もしていないように見える主婦でも、他の人が外出しているときに最も忙しい時間を過ごしているかもしれません。

そうした見えにくい作業を見えやすいものにし、それらに価値を見出そうというのがこのサービスの目的です。

このサービスを通じて得られるデータは、あなたが自由に使うことができます。

  • 1週間で最も経験値を獲得した人に、実世界でジュースをおごってあげたり、見たいテレビ番組を見せてあげる
  • 子供のために経験値やゴールドを使う. 子供がレベルアップしたら、獲得したゴールドと交換で、実世界でおもちゃやゲームを買ってあげる
  • 緊急の雑務を行うために、その生贄として、最も獲得経験値が低い人が選ばれることにする
  • 特定の雑務がどのくらいの頻度で行われるのか、また最後に行われたのか、そして誰が最も頻繁にそれらを行ってきたのかを記録しておく
  • 雑務を行った時の感想やメモを記録しておく. 例えば皿洗いの時に洗剤が切れそうだったなら、それを記録しておけば、他のパーティーメンバーが買い物のタスクをこなす時の参考になります。
  • 職場でのお茶出しやお土産配り、コピー取りを誰がどれだけやっているのかを記録しておく
  • ボランティア活動を記録しておく
  • wikiへの執筆やオープンソースプロジェクトへの参加を記録しておく

大切なのは、ゲーム内で得られた報酬などを実世界に還元してあげることです。
そして、このゲームを通して雑務をこなすことによって、自身の成長や達成感を楽しく得られることです。
サービスを開発した私は、それを切に望んでいます。

★★★

ノーコード系のサービスを使った技術者としての感想も色々あるのですが、
要望があれば、それはまた別の機会にでも書こうと思っています。

みなさんにドタバタウォーズが愛されるよう頑張っていきたいと思います。
よければ使ってみてくださいね。

ドタバタウォーズ
https://dotabata-wars.com

ABOUTこの記事をかいた人

フリーランスとして働く、フルスタックエンジニア 初崎 匠のサイト。仕事のことから趣味のアニメーション制作、英語学習など、様々なことを通じて、少しでも多くの人が幸せになれるような価値を提供できるよう挑戦し続けます。